ハチ駆除は業者に頼もう|安全を確保するために

シロアリの予防とその費用

しろあり

シロアリが発生するとその駆除が必要になるが、シロアリは再発しやすいためシロアリ予防の対策が必要である。シロアリ予防費用は、対策を行う範囲などにより異なってくる。また、対策方法によってもその費用が変わる。

Read More..

自分で始める駆除

羽あり

羽ありは木造建築に限らずコンクリート構造の建物にも影響を与えかねないものなので大量発生した場合は早急な駆除が必要であり、それは身の回りにある殺虫剤でも効果があるのでまずは自分で駆除をしてみましょう。そこから不安があれば専門家の意見を聞きながら対処しましょう。

Read More..

ムカデはすぐに駆除しよう

ムカデ

ムカデは屋外だけでなく家の中にも侵入してきます。噛まれると腫れあがり激しい痛みを伴います。ですから見かけたらすぐにムカデ駆除を行いましょう。自分でも侵入対策はできますが万全ではないため、ムカデ駆除業者に依頼するのもおすすめです。

Read More..

安全考慮で作業する

はち

発生部位

ハチの巣は大きくなると一般市民では対応できず、ハチ駆除専門業者に依頼する必要があります。賃貸であれば、多くの場合大家さんが駆除費用を持ってくれることでしょう。ハチの巣の大きさもピンポン玉位のものからバスケットボールを超える大きさまで育ちます。軒下や屋根裏に巣を作り易くハチ駆除には苦労します。軒下でしかも女王蜂しかいない時であれば、ピレスノイド系の蚊取り線香でも駆除できます。方法は簡単で巣の下に蚊取り線香を置いてそのまま様子を見ます。女王蜂が嫌がって離れていくと台などを用い、女王蜂の近くに蚊取り線香を移動すると退治することができるでしょう。これが初期の簡単なハチ駆除方法です。弱っているため刺される心配は少ないですが、念のため蚊取り線香をセットしたら家の中から様子を見た方がいいです。服装も刺されることが無いように気を配るようにしましょう。

段階に応じて対応

ハチ駆除は中くらいの大きさまでなら自分で行うことができます。専用の薬剤もホームセンターなどで購入することができます。しかしこれはあくまでハチの数が少ない時です。数が多い場合や威嚇されている場合は手を出さない方がいいです。ハチが1匹で蜜を探しに来ている場合刺される可能性は低いです。ハチを見つけたら威嚇せず、ちょっとの間襲う意思がないことを示すと勝手にハチが逃げていきます。凶暴なハチあるいは、大型の巣では個人での駆除は危険です。公園などで発見した場合はすぐに警察や公園管理事務所に連絡をするとそちらから対応してくれます。専門業者に任せると数十分で駆除してくれ、さらに少しでも寄り付かないような薬剤をまいてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加