ハチ駆除は業者に頼もう|安全を確保するために

自分で始める駆除

羽あり

ふと家の周りを見まわしてありが大量に発生していると、中には入ってこないのかと不安を感じることもあるかと思います。梅雨の時期のような湿気が多いときはありの繁殖期にあたり、その中で羽ありは通常のありがさらに変化したものになっています。家などの木材をダメにしてしまうシロありなどもこの羽ありの一種であり、見つけた場合はすぐに対処が必要になってきます。家の中で羽ありを見つけた場合はもちろん家の周りにいた場合もそれがシロありなのかをまず確認する必要がでてきます。木造建築だけに限らずコンクリートの構造も内部の基礎に木材を使っているケースが多いのでそこを羽ありが食べてしまうと致命的なことになりますので駆除を早急に行いましょう。

羽ありの駆除はプロに頼むイメージがありますが、ある程度は自分でもできるので早めの措置を行ってみるのもよいでしょう。もちろん羽ありがシロありかそうでないかをしっかり見極めるには専門家の助けがいるでしょうが、とりあえず大量発生した羽ありを駆除するのであれば素人でも実はできるのです。市販されている殺虫剤などでも効果があります。外であれば据え置きの殺虫剤などもありますので元の巣から駆除をすることもできます。室内に大量発生してしまったときは、殺虫剤などで直接かけると羽ありが飛んだりしてその死骸が周りに飛散することがあります。その際は紙パック式の掃除機で吸い取るかネズミ捕りのように布テープをありの経路に敷き詰めるなどまず捕獲を行うようにして、その後まとめて殺虫剤をかけて駆除するのが家も汚れず効率的です。それでもダメなら専門家に頼むというのでも初期の対応は充分かと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加